メニュー



「ガラスで色々なものを作るのが好き。
使った人が喜んでくれるのが、何よりの励みです。」






TOPページ 菅清風(かん せいふう) プロフィール  






1920年生まれ


ガラスペンとは
菅清風氏紹介
商品の販売
ご愛用者紹介
お問合せ
特商法の表示
1945年 海軍航空隊332空で終戦により除隊
以後約60年間職人として技を磨きました。






1968年 福岡の硬質ガラス加工職人、小川勝男(雅号/清流)氏
(昭和47年春、勲六等瑞宝章を叙勲される)に師事。



1989年 硬質ガラスにてひょうたん型ぽっぺんを開発し、
新100歳の方々や、平和で明るい世界をめざして活躍しておられる
人々にお贈りするボランティアを現在も続ける。





1996年 昔懐かしいガラスペンを、硬質ガラスにこだわって復刻し、
作家、政治家、画家、学者、教授の先生方に平和のために
「がんばってください」とお贈りすることを現在も続けています。

京都新聞社、読売新聞社、盲導犬協会等、各社の福祉チャリティーに
毎年、出品しています。これからも力のかぎり続けていきたいと念じています。





現在も、京都は北白川の地で研究と鍛錬の毎日です。
人々の平和と健康を願っています。